2008年04月24日

ランチデビュー

日本から友達が遊びに来て、サラを連れて近所のベトナム料理屋さんへランチしにいってきました。

DSC06899.JPG

日本から持ってきてもらったキャリーバックに入れておとなしくしていました☆

DSC06900.JPG

その後は、芝生をウロウロ。

車も近距離で慣らしています。

2008年04月23日

トイレトレーニング

サラの我が家に来てからのトイレトレーニングの経過です。

1週目
寝床とトイレトレーの区別ははじめから失敗はしませんでした。キレイなトイレシートの上では良く寝ていましたが、トイレの後は、ベッドに戻って寝ていて、ベッドを汚すことはありませんでした。
この状態で、必ずトイレ後に大げさにほめてからケージの外にだして、15分ー30分と時間を決めて遊ばせていたので外でトイレをすることはありません。

つまり、100%の成功率!(ここでは、飼い主さんが失敗する状況をつくらないことが大事です)

例えば、長時間外で遊ばせていれば、かならず遊んでいる最中に外でもよおしてしまいます。 最初の週は、ほとんどの時間をケージですごさせることが必要です。

2週目
しっかり1週間ケージ内でトイレトレーにしていたので トイレの場所はわかって来ていることと思います。
そこで、少し遊ぶ時間を長くしました。
ケージの外 私が座って手が届く範囲内をサークルで囲います。
これで外でもよおしそうになっても、すぐトイレトレーに連れて行けます。

結果・・狭い範囲ならほぼ100%に近いくらいトイレトレーで出来ました。
1回失敗したのは、私がサボって、すぐにトイレシートを新しく替えなかったときです。

あと、脱走したとき。 外においてあるトレーにちゃんと1度してあったけれど、別のところにもしっかり 大も小もありました。
こればっかりは仕方ありません。

3週目
少しづつ、自由に遊べる範囲を広げていきました。
ケージの中のトイレのほか、外にもう一箇所トイレを設置。
ケージ以外でも、トイレトレーにすることを覚えさせるためです。

最初は順調に、外のトイレトレーにきちんと行くことができました。
が、その後 3回失敗しました
・人が来て興奮したとき 
・私が台所に行くなど目を離したときに、失敗。

あとの1回は かくれんぼをして遊んでいた時・・ (犬はかくれんぼが大好き!必死で探そうとします!)
声はするのになかなか見つからない。。そして・・・。
トイレではないところにピッピ。
出てこさせるためにわざとなのかは謎です。

4週目
3週間での失敗はほとんど思い当たる失敗した原因がありました。
ただ、それを除けばほとんど100%トイレを覚えたものとして油断もあったのか、ただのサボリ?としか思えない失敗が数回ありました。

大体、もう大丈夫だろう、と思った頃に、失敗が続くことがあります。

そのときは、トレーニングの基本”GO BACK TO KINDERGARDEN!”
"初心に戻る"必要があります。

もう一度、遊ばせる範囲を狭くして、成功の確率を高めます。
一度失敗した場所は、臭いが残っているので、またそこでする可能性が高いので、確実にに臭いを取り除いてあげる必要があります。

我が家は絨毯なので、なかなかにおいが取れず困っています。
案の定、また同じ場所で失敗してしまいました。
ちょうどサラの好きな窓際のひなたぼっこの場所だったのですが、
囲ってしばらく入れないようにしました。

最初に使っていたSTAIN&ODOR REMOVERが全然効果がなかったので、
評判の高かったNATURE'S MIRACLEに替えてみました。
日本でこちらのサイトで詳しく紹介されています。

購入したのは、このタイプ 10ドル以下で買えます。
018065051042C.jpg

これは、無臭のタイプ(別の香りをつけない)で、前のよりはよさそうな感じです。












2008年04月20日

散歩

先日、大型犬に吠えられて以来、また最初からスタートになってしまったお散歩ですが、、

1週間もしないうちに、すっかりちゃんと外を歩けるようになりました。子犬の頃の適応は早いです。

散歩に行こうとすると嫌がって逃げるものの、一旦外にでたらしっかり歩いてくれます。まだ散歩大好き!と言うわけではありませんが、止まって動かなかったり、他のワンちゃんをみると震えたりすることもないので、いい調子だと思います。

途中で止まって抱っこをせがんでも、絶対に抱っこをしないで、何事もなかったように普通にどんどん歩いていきます。

そこで、どうしたの?大丈夫?といって抱き上げてはダメ。
散歩は飼い主のペースで!!

外に慣れてきたら、Loose Leash Walking の練習を始めます。
これは、常にリーシュ(リード)がゆるんだ状態で歩くトレーニングです。

引っ張ったり、とまったり、誰かに飛びついたりせず、
飼い主さんのペースで歩かせます。

もちろん、Heelの練習をしてもよいのですが、個人的には、小型犬は、ぴったり飼い主さんの横について歩かせるHEELよりも、Loose Leash Walkingの訓練で十分ではないかと思います。

2008年04月19日

車酔い

実家の3匹のプードルは、子犬の頃から、しょっちゅう車に乗っていたので、車酔いしたこともなく、長時間のドライブも全く問題なし。

車でのお出かけが大好きです。

困ったことに。。。

サラは、やはり3ヵ月までほとんど車にのったこともないようで、外を怖がるのと同じく、車でほんの5分走っただけで、よだれがダラダラと出てきてしまいます。
車社会のアメリカで、車に乗れないのは大変です。

まず、助手席で抱っこしてのせてもダメ。
外を見ながら風にあたってもダメ。(→これは後から知ったことですが、自分の意思とは反して移動されていると感じてよくないそうです)
まず、キャリーバックを家で慣らせてバックに入るのを好きになってから、キャリーバックに入れて安定した助手席の足元に置いてもダメ。。。

いずれも、たった10分程度の移動で ポタポタとたれるくらいよだれが。キャリーバックに入れたときが一番ひどくて泡を吹いた感じになっていました。

日本だと、普段車にのらず、動物病院に行く時だけ車で出かけるので、余計 車にのると嫌なところにいくと思ってしまい、車酔いが治らない仔が多いそうです。

車酔いも、散歩と同じく社会化の一貫で、仔犬の頃に慣らせたほうが早く適応できるようになります。

まずは、どこへも行かず、車の中にのせて車の中でしばらく遊ばせたり、怖がらなくなったら エンジンをかけて、車の中でトリーツをあげたり、、車に乗ることを怖がらないようにしていこうと思います。

2008年04月18日

自宅シャンプー

昨日は、初めて家でシャンプーをしました。

使ったシャンプーは
化学薬品を使わず天然成分100%のBuddy Wash Lavender&Mint
tp_bws_l.jpg

家でシャンプー(しかもユニットバス)でするのは思いのほか大変でした。。
顔周りがどうしてもうまくできず。。
サラは、ガタガタ震えていました。

シャンプー後はこんな感じ
DSC06817.JPG

ドライヤーの熱が熱すぎたので、(アメリカで買ったドライヤー。クールモードがありませんでした)
タオルドライのあと、パティオでひなたぼっこしながらブラッシング&自然乾燥しました。

シャンプーの後は自分で、ブルブルっと何回も自分で体を振って水気を飛ばします。

シャンプー後です。
ふわふわになりましたー。
DSC06821.JPG
タグ:お手入れ

2008年04月16日

2008年04月12日

また脱走

昨日の夜は、5時半くらいから外出していて、帰宅が11時半ごろだったので、結構長い間の留守番になりました。

恐らく、ベッドを振り回したのか、ベッドをひっくりかえして、その上に寝ていました。

睡眠十分のサラは、帰宅後大騒ぎで家の中を飛び回っていましたが、私も眠いし、夫も翌日休日出勤で朝早かったため、まだ遊び足りないサラをケージに入れて寝かせました。

普段、夜ケージに入れるともうあきらめて泣かずに寝てくれるのですが昨日は、しつこく、大きな声で泣いたり吠えたりしていました
”出してー!まだ遊びたい!!”と・・。

それでも、無視無視。。。とそのまま寝たのですが。。。。。。

朝起きてビックリ。

寝室のドアをあけたら、尻尾をフリフリしながらサラがやってきたのです!!

不思議なことに、ケージはきっちり閉まってるし、全開脱出したトイレ側のドアもきっちり閉まっています。
隙間があるとすれば、たしかにトイレの後ろ側は、ほんの少しの隙間が上に空いてます。。 でも、ココをまたよじ登ってその隙間から外に出たとしか思えない!

この仔の面白いのは、脱走したときって例えばケージの上がぐちゃぐちゃになっていたり、室内にティッシュがばらまかれていたり、、散々なことになっていることが多いと思うのですが、本当に脱出方法を悟られないためかのように、どこも、何も乱れていないのです。

ただ。。。
・ケージ内のトイレはキレイ。
・外においてあるトイレトレイに一箇所 Pippiの跡。
・階段に!POOP一つ。
・台所の横の絨毯に1箇所 Pippiの跡

以上のことから・・・脱出したのはおそらく私達が寝てすぐ。
遊んでー!と騒いでた時だと思います。

今度こそ脱出できないように、しっかり隙間も埋めました。
最近 人間と犬の知恵比べのようになっています。

2008年04月11日

Puppy Socialization

相変らず、外が嫌いなサラ。 家の中では、走り回っているのに。。

本当は、外で少しづつ散歩中のわんちゃんと会わせていこうと思っていたのですが、外でわんちゃんと会うとビビッて歩かなくなってしまうので、思い切って、早いところ友達のワンちゃんと家の中であわせることにしました。

先日の大型犬に吠えられたトラウマで犬嫌いにならないように、最初は、二匹で室内で遊ばせるのがベストだと思います。

最初は、やはり怖がっていた様子ですが、

@抱っこをしたままワンちゃんから離れてすわる。ワンちゃんはサークルの中。

→この時点で震えたりはしていませんでした。

A少しワンちゃんに興味を持ち始めたら、サークルの中と外から匂いをかがせあう。逃げずに相手に興味をもって自分から匂いを嗅ぐまで待つ。

→抱っこをして離れて様子を見させていた時に興味を示しだしたので、比較的ゆっくり近づいていけばすぐに匂いを嗅ぎ始めました。(サークルで仕切られているので恐怖心もあまりありません)

B抱っこをして、サークルの中に入ります。ワンちゃんはもちろん喜んで飛びついてきますが、少し落ち着くまで立ってそのまま様子を見ます。抱っこをしたまま座って、お互い匂いを嗅がせます。

Cこの時点で全く震える様子もなかったので、床におろし好きなように遊ばせます。

結果は。。。 大喜びでまるまる2時間くらい遊び続けました!!
ジャーキーの取り合いをしたり、ちいさいのに、生意気に対等に挑発して取っ組み合いをしていました。

友達のワンちゃんは 1歳2ヶ月のパピヨンちゃん。吠えることもなく、生意気なサラと遊んでくれました。

二人して、ジャーキーの取り合い
DSC06772.JPG

仲良く食べてます
DSC06771.JPG

2008年04月09日

初シャンプー

昨日の事件が起きてから、やはり外に連れ出してもまた歩かなくなってしまいました。

そんな中、今日は初シャンプーの予約の日でした。
余計外は嫌なところだと思わせちゃうかなと心配でしたが、
もう慣れていくしかない!

近くのPetSMARTで、子犬のシャンプーと爪切りなどのセットで、9.99ドルです。

ふわふわで可愛くなって帰ってきました。
シャンプー中は、こっそりのぞいてみると、相当震えていましたが、トリマーさんが優しくて時々抱きしめながら爪を切ったりしてくれていたので、安心しました。

DSC06752.JPG

事件

外の環境に少しづつ慣らし、昨日は少し歩き始めて尻尾が上がってきたところだったのに、、今日 ”事件”が起きてしまいました(>_<)

外に出始めて数日、ようやく震えなくなり、草花の匂いをかいだり、自らこわごわ歩き始めた矢先。。

散歩中の大型犬に向かって、生意気にもサラが吠えた瞬間、、その大型犬が、猛突進してきました。
飼い主さんが、セーブしきれなかったのか、その人も大丈夫と思って一緒に走ってきたのかは定かではないのですが、
大型犬が、サラに食いかかるように突進して大きな声で何度も吠えてきました。
その瞬間、サラは、すぐ近くに駐車していた車の下に驚いてもぐりこみ、あまりの恐怖に、大も小も同時に!!もらしてしまったのです。
よっぽど怖かったんだと思います。
ガタガタ震えながら車の下から出てこないサラに向かってその犬は吠え続けます。

私も大慌てで車の横へ回り込み、なんとか出てくるように、大丈夫だよー、おいでー、と声をかけ続けました。

ようやく、少し出てきそうになった瞬間、なぜかまたその飼い主さんは、その犬を連れて戻ってきて、私の横にやってきたのです。
もちろん、その大型犬は、今度はまた車の下にもぐりこむようにしてサラに向かって吠えました。

何度も、その飼い主さんに、この場を離れてもらうように言ったのに彼女は、平然と笑って立ち去ろうとしません。

日本語ならもっとキツイ言い方で真剣さを伝える事が出来たかもしれませんが、英語だと、とにかく、離れてくれとしか言いようがなく、本当に何度も何度も、シッシと手で合図しながらあっち行って!っといい続けたのに、うちの犬は噛んでないわよとか、もぐりこんだ側から出させないとだめよ、とか言って立ち去ってくれないのです。

そして、ようやく、少しして、出てこないのね。といいながらやっと離れてくれました。

サラはそれから震えながら出てきましたが、通常ではない震え方をしていました。

せっかく外に興味を持ち出したのに、とんでもなく怖い思いをさせてしまいました。

その飼い主さんの無神経さへの怒りと、自分がどうしてすぐに抱き上げてあげられなかったんだろう、と自分の失敗に対する後悔と、
サラの震えがおさまらない不安でいっぱいになりました。

これがトラウマにならないと良いのですが。。 

また社会化訓練も一からやり直しです。



2008年04月08日

社会化〜外に慣らす

外に出ると、震えて全く歩かないサラ。

まずは、外を歩かせることよりも、外の環境を知ることから始めます。

・ベランダに出て外の空気に触れさせます。外はいろんな匂いが一杯。車も人も通るし、工事の音も聞こえてきます。
最初は、びくびくしていましたが、毎日朝・晩ベランダにでて、日中家にいるときは、窓を全開にして、外の音が聞こえるようにしています。
→→3日もすると ベランダからなら外にでても震えなくなり、外の音にもびくびくしなくなってきました。

・はじめは、他のワンちゃんが散歩していない時間帯に、外に抱っこをしながら出て行きます。震えないで外をきょろきょろ興味深く見ていたら、Good!とほめてあげながら、歩いていきます。


・外に出ても震えなくなってきたら、 地面に下ろしてみます。
もちろん、まだ歩きません。

・何事もないように、散歩コースで人が来ないような場所で、地面に自分が座り、サラもおろします。
最初はピッタリくっついたまま、おすわりをしていましたが、
数分もすると、のろのろ歩き始めて周囲の匂いをかぎ始めました。

まだ尻尾は下がったままです。

・草花の匂いをかいだり、進んでいこうとしたら、Good! 楽しいねー!などといってほめてあげます。飼い主さんも楽しんでいる様子を伝えることが大事です。少しでも興味を持ち始めたらチャンス!! 最初は、好きなように歩かせてあげます。

尻尾がだんだん上がってきました。

・調子よく歩き始めたらそのままどんどん歩かせます。
 途中また、止まってしまったら(また見たことのない景色になるとストップしてしまいます)来た道を戻ります。
 戻るのは、一度匂いをかいで何事もなかったと分かっているのでストップしないで歩いて戻ります。

・楽しくなってきたところで今日はおしまい。
また翌日も、前の日楽しく歩けた場所から初めて、だんだん距離と時間を延ばしていきます。

※ちょうど散歩の練習を始めたころは、毎日曇りだったのでアスファルトも暑くなく、ちょうどよかったのですが、太陽が出ている暑い日は、アスファルトは熱すぎてすぐ火傷してしまうので注意が必要です!


子犬の社会化期

子犬は産まれてから3週〜3ヵ月の間を社会化期といって、この社会化期の間に、親犬や飼い主さんからいろいろなことを学び、環境になれていき、この時期に将来の性格が決まっていきます。
この社会化期の間は恐怖心も少ないの様々な環境に慣れやすく、多くの人間や他のワンちゃんにあわせたり、いろいろな音や環境に慣らすことで、問題行動の少ない社会性のある犬に育つため、子犬にとってとっても重要な時期です。

大体子犬は2ヶ月頃に、ペットショップから飼い主さんの元にやってくることが多いです。 この時期に上手に社会化できなかったワンちゃんは後に、他の犬に吠えたり、問題行動に発展することが多くなります。

そのため、家に迎える時期が一般的な生後2ヶ月頃の場合は、できるだけいろんな音に慣らし、たくさんの人に会わせて触ってもらい、ワクチンが済むまでは、抱っこして外の景色を見せたり匂いをかがせたりすることで社会性を身につけさせていくことが必要です。

我が家のサラの場合・・・。

ブリーダーさんから迎えたのは3ヵ月半。すでに社会化期は過ぎています。
ブリーダーさんの家は、人里離れた山奥にあります。10匹以上の犬たち、親・兄弟犬と長く暮らしたことで、もちろん健康で、活発で元気な子に育っているのですが。。
恐らく、あまり人と接触する機会が少なかったのでは?と思います。
外で、人と会うと吠えるか、震えだします。
家の中で人と会う場合は大丈夫ですが、それでも警戒心は強いです。
散歩に連れ出しても、初日は良かったのですが、その後 人に可愛いわねと触られたり、抱き上げられたことで震え上がってしまい、それ以来 さっぱり歩かなくなってしまいました。

まったく”社会化”できていない子です。

社会化期が過ぎてしまって(もちろん、その子の性格によってですが)サラの場合、特別警戒心が強いので、外や、音、他の犬、人間、様々な環境に慣らしていくのには、少し時間がかかりそうです。

もうすぐ4ヶ月だから!とあせって無理にならせようとすると逆効果のこともあるので、少しづつ、慣らしていこうと思います。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。