2008年08月21日

避妊手術後 1週間

手術後1週間のキロク

手術後3日目

朝、普段 目覚ましが6時半に鳴るので、目覚ましが鳴っても鳴らなくても、そのくらいの時間に、サラはおきて、トイレをすませ、ワンっ!!と鳴いて私を起こします。

大体毎日、サラに起こされるのですが、この日は、目覚ましの音が鳴っても何も聞こえてこないので、逆に不安になって急いでおきて様子を見に行くと、ケージの中でまだ寝ていました。
ケージを開けてあげても、まだ眠い様子で見上げるだけで出てきません。

まだまだ体調が悪いのか、この日は 普段は私が台所やトイレ、部屋を移動するたび後をついてくるのに、動かず、ずっと横になっていました。

時々 私が呼んだときに、普通に歩こうとして、突然走り出し、バリケンネルやいちごハウスの中に入り込み そこから出てこないことが良くあります。

多分歩いてる途中に痛みを感じると、安全なハウスの中に逃げ込んでいるみたいです。

抱っこをすると、まだおなかが普段より熱をもっているように感じます。

手術後4日目

朝 おきたら少し喜んではしゃいでいました。
でも、すぐ疲れるのか、また寝てしまいます。

相変らず、サラは、いちごハウスかバリケンネルの往復。たまにソファーの上で寝るくらいで、あまり歩こうとしません。

台所や寝室に私がいる間も、全くついてこず、ハウスの中やソファーの上からのぞいているだけです。

夜 薬を飲ませた後、夫が帰宅したときに、喜んでダッシュで寝室まで追いかけていました。

少しづつですが元気がでてきて回復に向かっているようです。


手術後5日目

痛み止めの薬も昨日で終了。まだ痛がるようだったら、もう1日投与しようと思っていたのですが、大分室内を歩き回るようになってきて、痛みもなくなってきた様子です。

大好きなたまごちゃんをカミカミしながら一人で遊ぶようになりました。

朝起きた時や帰宅した時などは、喜んではしゃいでダッシュしたりしています。
昼間起きている時間も増えて、大分元気になってきました。
傷口を気にする様子もありません。


after.jpg

手術後6日目


かなり元気になってきました。
傷口を痛がる様子も全くなく、家中、歩き回っています。

大好きなたまごちゃんで遊んだり、軽快に走っています。
さすがに、疲れるのは早いので、完全復活とまではいかないようですが、ほぼ復活です。


手術後7日目

サラの大好きな、私の友達が2人遊びに来てくれました。
二人のことは自分の友達だとおもっているのか、もう、大はしゃぎ!!
交互に膝にのっかっては Jump Jump!!

手術後は安静に、と、あまり遊んでいなかったので、よっぽど嬉しかったのでしょう!

体力も少しづつ戻ってきたみたいです。



ラベル:避妊手術
posted by Sarah at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 生後7ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

避妊手術 翌日

手術翌日〜

朝9時半ごろ、サラを迎えにいきました。

先生から、手術の経過や、術後の説明を受けました。

・2週間はシャンプー禁止
・10日〜14日間は室内で安静に。 
・痛み止めを処方 3日間飲ませること。
・外科用接着剤を使用したため、抜糸は不要。
・エリザベスカラーも不要

そして、サラと1日ぶりの対面〜さぞかし喜んでくれるだろうと思いきや。。

私の顔を見ても無反応。

抱っこされておとなしーくしていました。 そして、車に戻って助手席にサラを乗せた瞬間、、驚きの事実が!!!!!!

なんと。。。 サラの左前足。 一部の毛を剃られて、
骨付きからあげ状態!!

あわてて、病院に戻り、これ、どうして剃られてるの?と確認すると、
「点滴のため」との回答が。

開腹術だからおなかは剃るのは分かっていたけれど、足の毛を剃るとは予想だにしていなかったので、ショックが大きいです。

帰宅するなり、外で大量のpippi.
その後、poopしようとするのだけれど、傷が痛いのか、2〜3回踏ん張ろうと試みてはいたものの、その都度、座り込んでしまって出来ませんでした。

家の中では、ずーっと寝ています。
元気もなく、目もとろーんとしています。

sarah1.JPG

ただ、食欲はあるようで、缶フードを食べさせたら完食。
痛み止めを飲ませた後には、夜 poopもできて一安心でした。


ラベル:避妊手術
posted by Sarah at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 生後7ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

避妊手術 当日

今日 8月19日で手術からちょうど1週間がたちました。
1週間経ってようやく元気になっていつものサラに戻りましたー

手術の前日は、夜22時以降は、食事も水もNG

当日は、朝8時にサラを連れて病院へ。

避妊手術と同時に、ちょうど犬歯が二重に生えてきてしまっているので、残っている乳歯も抜いてもらうことにしました。

また、Bordetellaワクチンが未接種だったので、これも必須とのこと。

手術は午後始まるので、3時以降ならいつでも電話くださいとのことでした。

そして。。
3時すぎに電話すると、「ちょうど今麻酔からさめたところです。手術も何も問題なく無事終了しました。明日午前中に退院です」と。

一応、ほっとしたけれど。。
その日は、サラのいない静か〜な夜でした。
いつもパソコンやTVを見ている間 横にくっついてるサラがいないと
ものすごーーーーーーく寂しく、食事中もなんとなーく暗い雰囲気になったきがします。。


ラベル:避妊手術
posted by Sarah at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 生後7ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

避妊手術

サラの狂犬病注射、血清採取も無事終わり、気づけば、あっという間にもうすぐ初ヒートを迎える時期になります。

メスは通常8ヶ月頃に初ヒートを迎えるのですが、子供を産ませない場合、最初のヒートの前に避妊手術をすると、子宮蓄膿症が防げること、乳腺腫瘍にかかる可能性が90%以上の確率で防げることなど メリットが多いそうです。

健康な体にメスを入れるのは飼い主の勝手で心苦しいのですが、将来の病気の予防のためには、今するほうがいいと、初ヒートの前に手術をすることにしました。

手術の時期は個体差だけでなく、獣医さんによっても見解が分かれますが、アメリカでは、生後6〜14週という早期の避妊・去勢手術が推奨されてきています。

ロサンゼルスカウンティでは、ブリーダー以外の個人で飼育しているペットの犬・猫は月齢4ヶ月以内に避妊・去勢手術を義務付ける法案が可決され、怠った場合には、500ドルの罰金が科せられます。

この法案には、賛否両論あり、意見が対立しているようですが、幸いにも、ここはオレンジカウンティだったので、その法律は適用されません。

ブリーダーさんや、かかりつけの獣医さんからは、サラは小さいので、6ヶ月以降の手術をすすめられ、、また いままで一般的にも6ヶ月ー7ヶ月が最適だとする意見が多かったので、それに従い、この時期まで待つことができました。

サラは7ヶ月を過ぎたので、予約しようとすると、残念なことに
ヴィレッジ動物病院では先生お一人で他の手術などもあり大変お忙しく、今は、去勢・避妊手術は他の病院でお願いしているとのこと。

信頼している先生にお願いするんだから、とすっかり安心しきっていた私。。。他に誰に任せればいいのだろう、、としばらくまた悩み・・

それで、結局選んだのは、リーシングオフィスのMaryがおススメしてくれた、家からすぐ近くの Arbor Animal Hospital.

アーバインで20年以上も治療を行っている病院で、家からも5分ほど。地域で信頼されている病院なら、、と ココにお願いすることにしました。

避妊手術は月−金の平日 朝8時〜9時の間にDrop.
様子を見るために一晩は入院。
翌朝退院。

すぐに予約がとれ、急ですが 8月12日(火)に手術が決まりました。

それまで一杯ご飯食べて体力つけなきゃね。


posted by Sarah at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 生後7ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

いちごハウス

ダンナが日本から1ヶ月ぶりに帰宅しました。

待ちに待ってたのは〜〜日本からのお土産るんるんるんるんるんるん

コレコレ
IMG_0937.JPG

いちごハウス!!

実家のリロのと色違い☆

サラ、気に入ってるようで、すぐハウスに入っていきます。

IMG_0946.JPG
posted by Sarah at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 生後7ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トリミング

前回のトリミングから2ヶ月も経ってしまいましたが、トリミングにいってさっぱりしてきました。

Venice BeachまではHwyで1時間かかる上に、苦手なロス方向へのドライブなので、どうしても先延ばしになってしまいます。

朝の10時半にお願いして、お迎えは、3時。
今回は、友達と一緒に待ち時間、近くを散策することにしました。

トリミングをお願いしているMarina Dog Groomingさんのすぐ近くにはAbbot Kinney Blvd.があり、1.5キロくらいのエリアに かわいいお店やcafeなどが立ち並んでいます。 Venice Beachからも徒歩5分ほどのエリアで、サラを待っている間、ランチ&散策してみました。

a8.jpg

あっという間にお迎えの時間。

サラの出来上がりは〜今回もかわいくなりました♪♪

IMG_0888.JPG

IMG_0881.JPG

IMG_0905.JPG
ラベル:トリミング
posted by Sarah at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 生後7ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

狂犬病注射2回目

サラは、7月22日で 7ヶ月になりました♪♪
体重は、2.21キロ。 1ヶ月で50グラムしか増えてませんたらーっ(汗)

そして・・・・

7月25日 狂犬病注射 2回目の日です。

日本に入国するための検疫準備のためには
マイクロチップ装着後2回狂犬病の注射を受け、さらに血清を採取して、抗体値が規定以上である必要があります。そして、血清採取日から180日間はアメリカに待機しなければいけません。

狂犬病の注射は通常1年期間をあけて打つところ、いつ会社から帰国命令がでるかわからない我々は、最短の期間で検疫準備をする必要があります。

そもそも。。。
犬を飼うと決めたときに一番ネックだったのが、この検疫準備期間。

確実にアメリカに滞在できる年末までに準備できるかが不安だったため、サラを迎えるか決断する前に、電話帳で探して、日本語の通じる動物病院に狂犬病の1回目と2回目の間はどのくらいあければよいのかを電話で確認したところ・・・

回答は 「1ヶ月あければ大丈夫ですよ。」とのこと。

それならば年内に準備ができる!とサラを迎える決断をしたのですが、、いざ、病院にいって1回目の注射をうけ検疫準備の説明を受けると、先生からは2回目の注射の間隔を短くすることへのリスクはとっても大きいと。。

先生はやはり日本帰国の為に、1ヶ月という短い間で注射を打たなければならないケースが多いため、もちろん何事もない仔もたくさんいるけれど、一方で注射によりショックで最悪死に至るケース、何日間も生死をさまようワンちゃん、そして、飼い主の都合でワンちゃんにつらい思いをさせ、自分を責める飼い主さんもたくさん見てきているそうです。
1ヶ月後から注射を打てますといわれているけれど、実際にはリスクが大きいのだそうです。

「できれば1ヶ月後に注射は避けてください。今はワンちゃんを預かる施設もたくさんあるので、急な帰国でもいろいろ方法があります。可能な限り間隔をあけてあげてください」

と、お話がありました。

もちろん、お話を聞いて1ヶ月後の注射は当然延期。
どれだけ間隔をあければよいのか、悩みに悩んで、私の出した結論は
”3ヵ月”でした。

もちろん、3ヶ月という期間が十分だとはいえません。
ただ、ダンナの仕事柄アメリカに居れるのが確実なのは今年一杯。
来年も、アメリカにいるかもしれないし、帰国かもしれない。
その確率は50/50。その時にならないと分からないので、やはり帰国の準備はしておかないと。1,2ヶ月ならなんとかできるけど、サラを半年も誰かに預けて、アメリカに残して帰国するわけにはいかないという結論に達しました。

なので、この2回目の注射の日までは、本当に悩みに悩んで、何度も、やっぱりもっと延期しようかと直前までキャンセルしようかを考えていました。

前日は全然眠れず。。不安一杯の私は友達に付き添いをお願いし、朝動物病院へ。

サラを看護婦さんに渡したあとは、思わず涙がでてきてしまいました。

でも、ものの5分ほどで、何食わぬ顔で戻ってきたサラ☆

無事 2回目の注射が終了しました!!

そして、副作用もなくとっても元気です。 
心配して損したくらい(笑)

あーーー、本当に良かった。ほっとしました。

あとは2週間後に血清採取です。もし抗体値が上がっていない場合は、再度注射を打たなければいけないのですが、その場合は、抗体値が上がっていないのが分かっているので、ショックが起きてしまう心配は無いのだそうです。

posted by Sarah at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 生後7ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

いたずらっこ

a4.jpg

IMG_0499.JPG

IMG_0494.JPG
posted by Sarah at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 生後7ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。